音楽の真理

音楽の真理は、自然である 

正しいピアノ演奏法の基本

    

 まえがき

 自然に逆らわないピアノ演奏法とは何か?そのうちで最も大切な『正しいピアノ演奏法の基本は』ということをはっきりさせていきます。

 ピアノ演奏法には、人それぞれに微妙な違いがあるものです。それは、一人一人の体的条件に違いがあるのでそれは当然です 

 しかし、その人の演奏法に根本的な誤りがあったとするならば、いくら指を良く動かしても美しい音楽を、本当の音楽することはできないでしよう

🎼 我々の目的

 ピアノを勉強する目的は、ピアノを演奏して本当の音楽を聴いてもらう事です。
 ピアノの指導にあたっている我々は、 演奏できる人、正しい教え方のできる人を育てる、音楽を楽しみたい人に、その手段としてのピアノ を教えるなどが本来の目的です。
 私たちが指導する対象の生徒さん達のすべてが演奏家を目指すだけの素質を持っているわけではなく、ただ楽しむだけの人がいたり、音大に入ろうと頑張る人がいたり、始めからピアノの指導者になりたいと考える人がいたり、色々だと思います。
 この人達を指導するには、先生自身が正しいピアノ演奏法を知り、指導法を身につける事が必要だと思います 。 

 

 🎼 ピアノ奏法の基本

ピアノを演奏する時の、無駄のない合理的な、理論に裏付けされた演奏法を身につける事で、はやく、楽に、そしてきれいに響く美しい音を出せるようになり、それによって美しい音楽、本当の音楽を演奏する段階に進んでいけるのです。
これが本当の目的であり、そのために絶対必要なのが『正しい演奏法の基本』です 。
ピアノ演奏法の理想は、人間の力、自分の力を使わないで弾くというのが根本の考え方です 。
力を使う、力をいれて弾くという事は、筋肉を固くして、指を動きにくくして、それで弾こうとしているのです 。
音を出す時に必要なのは、鍵盤にかかる重さのエネルギーです。筋肉を固くすると、その自然の重さによるエネルギーが鍵盤に伝わりにくくなってしまうだけで なく、 指も動きにくくなってしま います。
ですから『地球の引力』によって出来る『重さ』を使って弾く、つまり人間の力を使わないという演奏法が一番良いのだと思います 。

🎼 重さのエネルギーとは

重さのエネルギーは、地球に存在する『引力』によって生まれるものです。
ピアノを弾く時は、この地球に自然に存在する『重さのエネルギー』 の、その一部を使わせてもらえば良いのであって、無理に人間の力を使う必要はないのです。
美しくきれいに響く音が弾ける自然には、人間が及びもつかない大きな力が存在しています。しかし実際には殆どの人達がこの事に気付かずに、自分の筋肉を使い、自分の力を、エネルギーを使って弾いています 。
目の前のピアノだけでなく、もっと広く自然に目を向けるようにしたら、人間の力を使って弾くことの無駄に、そして自然に逆らわないで、自然のエネルギーを使う事の重要性を理解する事ができるでしょう。

🎼 手の重さを鍵盤に伝える

 重さのエネルギーを鍵盤にかけるには 、 図1にあるように、手・腕にある重さ 、つまり地球にある引力によって生じた重さを、支点Bで支えることによって指先、E点で鍵盤に伝わり、アクションを通してハンマーが弦を叩いて音が出るのです。その時の大切な条件はC・D点の関節はしっかりしていなくてはならないことです。その関節が柔らかくなって、内側にそるようなかたちで曲がったり 、指を平らに伸ばしたりしていると、折角の重さがそこで逃げてしまいます。ですから指の形は非常に大切です。
 しかし実際には指を伸ばして、 Dの関節がまっすぐに、又は少し内側に曲がるような形で弾ている人は意外に多いものです。
初歩の段階では正しい形で弾くという事は難しいので、少しずつ正しい形に持っていく様にするのが良いと思います。
 次に、鍵盤に重さのエネルギーをかけて弾き、音が鳴った後の事を考えてみましょう。ピアノを弾いた瞬間は、ある程度指は緊張しているものですが、音が鳴ったそのすぐ後には指の緊張はなくなっていなくてはなりませ ん。 いつまでも手を固 くしていると、疲れるし、次の音へ移動する指の動きが鈍くなってしまい ます。

図1

 

 

 🎶 脱力
 脱力ということがよく言われますが、これは意識してできるものではなく、前の音を弾き終わった瞬間に、無意識にできてしまう、というのが本当だと思 いま す。それが癖になっていなくてはならないのです。
 これは、ピアノの演奏のすべてに言えることで、すべては反射的に手が動いているはずです。
 理屈でわかった上で、目で楽譜を見て、手が自然に動く、これがスムースに出来る様になるために練習しているのです。
 そして「テコの原理」によって、重さのエネルギーを使って弾く。これが演奏法の基本であるという事を強調したいと思います。


🎶ピアノを構造から考える

 ピアノの構造(グランドピアノの場合)を考えた時、ハンマーが下から上に向かって動いて弦を叩いて音を出すのですが、演奏者は、そのためには鍵盤を操作するしか方法はありません。鍵盤を叩いた後、つまり弾いた後、それによって弦を叩いたハンマーはすぐに弦から離れてしまうので、響いて音が出ている弦と鍵盤は全くつながりがなくなってしまうわけです。

 つまり弾いた後、手を動かしたり、揺らしたり、押し込んだりしても、何をしても音に影響を与えることはできません。
 鍵盤から指を離した時に、弦の響きは止まるような構造になってい るのです。しかし、鍵盤を叩いて音を出したあとに、色々な動きをしたら、音に影響を与えられる、と考える人がいるようです。これはそ の動きによって、音になんらかの影響を与えられるものだと錯覚しているに過ぎないの です。
但しペダルだけは違った意味で影響を与えることができます。それはぺダルを踏むと、ダンパーが弦から離れた状態になって、弦が鳴りつづけているからです。ダンパーが弦に触れれば弦の響きは止まる事になっています。それを利用して、ペダルを使って、離れた音をレガートにつないだり、いくつかの音を和音としてきれいに響かせたりする時に使ったりします。ペダルの使いかたは難しいものですから、始めはごく簡単なものから勉強するのが良いと思います。

 ♬ 弾くという事

 音を出すにはまず指先が鍵盤の少し上から弾く、という事が必要です。まず触わる事から始まる、という事を言う先生もいますが、鍵盤の少し上から弾かなくては、触わるだけ、押さえるだけでは音は出ません。この『弾く』という言葉は、人によって考え方が違うものですが、力を入れて鍵盤を叩いている人がいるようです。
 基本としては、鍵盤の上約1cm位上の位置から弾き、鍵盤に当たってからさらに1cm位下がって鍵盤が底に当たる。合計約2cm足らずの距離を動かす事になります。この1cmというのは、絶対にキチンと1cmでなければいけないと言っているのではありません。人それぞれ手の大きさも違うし、手の柔らかさなども違うので、まったく同じ動きは出来ません。ですからその程度の動きが出来ればいいと考えて 下さい。

 その時のスピードは速くなくてはいけません。つまり「タッチは速いスピードで」というのが原則です。
 しかし、これは「基本としての弾き方」で、上手になってからは、いろいろな弾き方が必要になってきます 。
 指を、弾く前に上に上げて、力を入れて鍵盤を叩く、という弾き方では指が鍵盤に当った時の雑音などが加わって、音が汚くなってしまいます 。
 それに、この弾き方ですと、どうしても手首や腕に力が入ってしまい、腕や手首も固くなって、力を入れて弾くようようになってしまいます。それではきれいな音にはなりません。きれいに響く音にならないし 、 指の動きも悪くなって しまいます。

 また、斜め手前に引っ掻くように弾く人がいますが、それもきれいにならない原因のひとつです。
 タッチの基本は、上からまっすぐ垂直に重さのエネルギーを鍵盤にかけるという事です 。
 ただし時と場合によってはそれと違った弾き方が必要な時もあるのはいうまでもありません 。

  押さえること

 これと反対に「押さえる」というタッチについて考えてみましょう。押さえるという事は、鍵盤に指先が触ったままで弾くという事で、こういう弾き方になる原因は、手首を高くして弾いている場合が多いようです 。
これでは、手首から手の平がたいらになり、または手首の方が高くなるので押さえるしかできなくなってしまいます 。
つまり、その形では、指先を上げようとしても、あがらなくなるのです 。
そして、その形では、1の指は斜め上から弾く事になり、その指先は、上がらないので、結果として押さえて弾くしかできなくなってしまうのです。そして、2・3・4の指も同じように上がらなくなってしまいます 。
更に、その状態では、手首を動かさなくては弾けなくなり、どうしても「手首を振る」という癖がついてしまいます。この手首を振るという癖は、一旦ついてしまうと、それを直すためには大変な苦労をする ことになるので、そういう癖がつかないよう気をつけて下さい。

 タッチのスピ―ド

 押さえるという事は、ゆっくりと指が動いて鍵盤を押さえるという事ですが、これでは美しい響き、きれいな響きの音が出せません。はっきりした音を出すにはどうしてもタッチにスピードが必要です。基本的な動きとしては、指先が鍵盤の約1cmぐらい上の位置か鍵盤に当たり、それがさらに底に当たる事によって、ハンマーが弦に当たり音を出すという事で 、合計2cmほどの距離を動いて音を出すわけです。その時の注意は、腕や手首に力を入れないという事です。

   指を上げすぎない

 悪い弾き方に、腕や手首に力を入れて上から力を入れて弾く、叩くように弾く人がいます。
 反対にゆっくり押さえるように弾くと、はっきりしない、響かない音にな
ります。強い音を出そうとするとどうしても腕や手首が固くなり、汚い音が出てしまいます。

今まで述べてきたように、弾く時には鍵盤に手、腕、の自然の重さのエネル ギーをかける。場合によっては体重を利用し、そのエネル ギーを鍵盤にかけ ることもあります。
重さのエ ネルギーを鍵盤にかけることによって、しっかりした、きれいに響
く音が出せるのです。

 

🎶 力を入れて弾く

 重さをかけずに弾くと、ただ表面だけを叩くことになり、頼りない音になってしまいます。そのまま強い音を出そうとすると、どうしても力を入れて手を固くして弾く事になってしまい、きれいな音にはなりません。

重さのエネルギーを鍵盤にかけて弾く、という事はとても大切なことです。
そのエネルギーを、沢山鍵盤にかければフォルテ、少しかければピアノになるのです。

 

🎶フォルテとピアノ

 ピアノの構造からみて、ハンマーが速いスピードで弦を叩けば「フォルテ」になり、遅いスピードで弦を叩けば「ピアノ」になる。これは間違いのないことですが、我々は そのためには鍵盤を操作するしかできないのです。
ですから、 鍵盤に多くの重さをかける事によって、ハンマーが速いスピードで弦を叩き「フォルテ」になる 、鍵盤に少しの重さをかけることによって、ハンマーが遅いスピードで弦を叩き「ピアノ」になる 。 という考えです。
フォルテ、ピアノの関係は、ただ、機械で測った音量ではなく、強く感じる音が「フォルテ」、弱く感じる音が「ピアノ」で、フォルテと書いてあるから「頑張って力を入れて弾こう」というのは間違いだと思って下さい。

 🎶 指のかたちの基本

図2   

 (1)      

  

 図2の(1)これが基本の正しい形で、これが発展して色々な形に変わっていきます


(2) 

 

 図2の(2)はD点が内側に曲がっているのでエネルギ ーが逃げてしまい

  鍵盤に重さが伝わらなくなってしまいます

(3) 

 図2の(3)この形は更に手首が高くなっているので、 押さえる弾き

 方になってしまいやすくなります。

基本としての指のかたちがあり、それから発展した形として、時と場合によって、色々な形が出てきます。まずはじめに基本のかたちを覚えさせて、そこから出てくる、いろいろな違う形で弾く方法を覚えてもらうのが、一番よいと思います。
そこで大事なのは、前に出てきたテコの原理です。腕から手の重さを鍵盤に載せる、鍵盤にかける、という基本の考え方です。

 演奏法は、ピアニスト一人一人違うのは当たり前で、手の大きさ、形、指の長さ、柔らかさ、その他色々な条件の違いによります。多くの演奏家といわれる人達のなかでも、まったく反対の弾き方をする人がいることはよくあるものです。

基本の弾き方としては、前にのべたように鍵盤の上、1センチ位上に上げてそこから弾きます。

 ピアニッシモを弾く時、指先が鍵盤にさわった状態からゆっくりと弾きなさい、という人がいますが、このように鍵盤をゆっくりと抑える弾き方では、きれいに響く音は出ません。習い始めた時はとても大事な時期で、そこで正しい自然な奏法を覚えると自然と伸びていくし、良くない癖がついてしまうとなかなか、うまく弾けなくて、途中でやめてしまうことになりやすいものです 。

  🎶 レガートに弾く

レガートというのは、「音の間を切れ目なく演奏する事、スラーをつける」「Legato」と。 イタリア語で「なめらかに」「結ばれた」「つながれた」などの意味。「指定された部分の音符をなめらかにつないで演奏する事」なと辞書では解説されています。実際の演奏では、どうすればいいのでしょうか、ときどき、音をつなごうとして一生懸命鍵盤を押さえつけるように弾く人が見られます。

これは意味のないことです。ひとつの音を弾いて、次の音に移るとき、前の音を弾いた後、指を離してから次の音を弾いたのでは、音が途切れてしまいます。

しかし、前の音を弾いた後、指を離さないまま次の音を弾いたのでは、この二つの音の響きが重なるので濁ってしま います。

こういう時は、はじめの音を弾いた後、次の音を弾くのと同時に交代するようにする事です。

これを標準として程度の高い演奏では、微妙に違ういろいろな奏法があるのです。音階をレガートに弾きたい時は特に気をつける必要があります。

これは、重要なポイントのひとつですから確実に、覚えるようにして 下さい 。

 スタッカート のひき方

スタッカートの奏法については、間違った弾き方で弾いている人や、はっきりしないまま、あいまいな弾き方をしている人がいます。

ある辞書には、音と音を続けず、切り離して奏する。「切る」「はねる」といった言葉で表現している場合があります。また、「音と音を切り離して奏する」とあり、はっきり説明していない場合が多いようなので、ここで、スタッカートの奏法をはっきりさせたいと思います。

基本の弾き方としては、指先を、鍵盤から間を開けた高い位置からでなくでなく、鍵盤に触っている位置から鍵盤の底に向かって重さのエネルギーをかけるように弾きます。

その時大切な事は、指のかたちを正しくすることです。そして、手首に力を入れて固くしない、タッチのスピードを遅くしない、などです。

スタッカートの時、指を上に上げて、上から叩くように弾くと、 指先が鍵盤を 弾いて鍵盤が底に当る時にも雑音が出て、それがピアノに響いて濁った音になります。

スタッカートの動きを整理すると、鍵盤が底に当たると同時に底にぶつかった反動で跳ね上がるように指先が鍵盤を離れ、同時に手全体が浮き上がります。これは自然に持ちあがるのであって、自分の力で持ち上げるのではありません。

🎶 スタッカート の種類

スタッカートの弾き方では、鍵盤が底に当たったあと、その反動で指が自然に持ち上がり、跳ねあがるでしょう。このスタッカートの弾き方の動きを説明するとき、「熱い鉄板に指で触ることを考えてごらん、鉄板は熱いので直ぐに離すでしょう」と言う、という話を聞きました。程度の高い曲を弾く時は、いろいろなテクニックが必要な曲も出てきますが、やはり、まずきちんとしたタッチで弾ける様になって欲しいと思います。

スタッカートの音の切り方は、その程度で、何種類かに分かれます 。

1.スタッカーティシモ(できるだけ短くひいた時、指先が鍵盤の底にぶつかってから離れるまでの時間が短いとき)

2.スタッカート(普通の切り方。スタッカートの音の切り方の程度は、ひいた時、指先が鍵盤の底に当たってから離れるまでの、時間の長さによってスタッカートの音が切れる程度が変わります 。 )

 4の指について

もともと4の指は、普段の生活ではあまり使わないので、自然にその部分の肉が弱くなっているものです。しかし、ピアノを弾く時は5本の指全部を使うので、4の指が弱いという事は、とても不便に感じます。そのため、4の指を強くするための練習をしてきました。その方法として、4の指を上から叩きつけて筋肉を丈夫にしようとする人が多かったのです 。

しかしその方法は、指の筋肉を丈夫にして、その力によって弾こうとするものでそれは自然の重さのエネルギーによって弾くという考え方とは基本的に違っています。

 

 下の図のように手のかたちを整えて弾けば、Aにかかる手の重さは自然に

  E にかかることになり、力を使わなくても音は出ます
 これは、人間の力を使わなくても自然の重さによって音は出るのです

 

これが正しい形で、手の重さのエネルギーが自然に鍵盤にかかることになります

肘の位置を高くして弾くと、 自分の力を使って 弾くことになり腕全体が固く

なってしまい、 動きが悪くなリます

 

 🎶和音の弾き方

二つ以上の音を一緒に弾く事を、和音を弾くといいます。和音は、曲の中で非常に多くの割合を占めているので、和音を、バランスよくきれいな響きで弾く事はとても大事な事です 。
また、一番上の音の流れが、メロディーとして、音楽として聞かせなければならない場合があります。

それだけでなく、その下の和音は、伴奏としての役目もしなくてはならない時があります。 このバランスは非常に大事な事です。

  🎶分散和音のひき方

分散和音は 、 和音の音を一つずつ分けて弾くという事で、まずその一つずつの音の 強さがそろわなくてはなりません 。

この場合、指は広がっているので、指先が鍵盤に触っている状態から鍵盤に重さをかけて弾く事になります。その時手や手首に力を入れて固くすると、動きが悪くなり、弾きにくくなるので気を付けなくてはなりません。指先が鍵盤に触った状態から弾く時は、鍵盤にかける重さを変えることによって強弱の変化をつけること ができます

 🎶 タッチのスピー

鍵盤を押さえるというのは、ゆっくりと指先が動いて弾く、ということで、きれいな響きの音で弾きたいときは、指先のタッチのスピードが必要です。つまり、指先が鍵盤に当たり、鍵盤の底に当たるまでの指の動きのスピードがどうしても必要だという事です。
スピードが遅いタッチの音は、はっきりしない音になりやすく、綺麗なメロディーになりません 。

弾き始めの音は、鍵盤の1センチぐらい上から自然な重さをかけて落とすように弾くのが良いのです。上から叩くのではなく、自然の重さのエネルギーを鍵盤にかけるのです。メロディー、フレーズの弾き始めを、ただおさえるように弾く人が多いようですが、その場合きれいな響きの音にならない場合が多く、何となくひいている印象の音になり、本当の音楽にはなりにくいのです。 

🎶 フォルテとピアノ、演奏法の違い
ピアノの演奏にあたって、フォルテ、ピアノの違い、その演奏法の違いについて考えなければなりません。

日本では昔から自分の力で弾くという考え方があったので、フォルテは自分の力を入れて弾く、ピアノはそっと柔らかく弾く、という考え方が主流でした。そこで、力を入れて弾けばフォルテ、そっと柔らかく押さえるように弾けばピアノだ、 と言う人が多かったのです。

音楽辞典では、「forte」の訳として「強く」と出ています。ただ一つだけ「強く」に付け加えて「大きく」と出ているものがありました。しかし、「大きい」という言葉は「広辞苑」によると 、

 1.もののかたちに言う容積、身長な どが多くの場所を占めている、 かさばっている

 2. 量が多い。

 3.範囲が広い。などとなって いました。但し音量が、という場合は、「大きい」になります。

  「ピアノ」という言葉も同じで、 辞書によっては、 「柔らか」「静か」」 と出ているもの が ありました。 これをそのまま受 け取った場合 、 強い、弱い、の弱いというだけで なく 、 感覚的な「やわらかい」 「静か 」 の意味を含んでいるとも考えられます。

🎶 感覚としての 「フォルテとピアノ」
フォルテとピアノを演奏法とは別に考えてみた時、「フォルテ」「ピアノ」はただ単に機械で測った音量、強さだけではなく、フォルテは強く聞こえる、ピアノは弱く聞こえるということが大切です。また、フォルテとピアノの間に大きな音量の差がある方が、音楽の表現には有利です。

「ピアノ」は単に弱いだけではなく、聴く人を「引き付ける」という感覚があり、

 

 

「フォルテ」は聞く人に対して「圧力」をかけるもので、そこに「迫力」を感じさせる ものなのです。

 

 

 🎶 指使いで気がついた事

 一般の 楽譜には指使い の数字が書いてありますが、私の考えは、 譜例1を譜例2に譜例3を譜例4  のように 数字を書き足すことで。 弾きやすくなります

 これには、1の指は指定されていますが、その前の指、3の指から1に行くのか、4の指から1に行くのかが書いてありません。譜例2と譜例4のように1 の後に3または、4が書いてあると、1から何の指に行くのかがわかり、とても弾きやすくなります 。

 

 

                   片山 裕之(緑)